フロアタイル「ストーン」が似合う場面

フロアタイル「ストーン」が似合う場面 現在使用しているお部屋の雰囲気を変えたいと思った時に、自分自身でリフォームをすることを選択する人が増えていることから、床材にもそういった人たちが使いやすい商品が販売されるようになっています。
そういった床材の代表例と言えるのがフロアタイルで、その名の通りタイル状になっていることから、大きなサイズのものと比べると扱いやすく、またフローリングの上から貼り付けて使用できるという手軽さも人気の理由となっています。
さらにフロアタイルには様々なニーズに対応できるように、数多くの種類の色や柄の商品が作られているという魅力もあります。
その柄の中でも人気が高いジャンルの一つがストーンで、その名前の通り大理石に代表される石の風合いを再現したものとなっています。
そんなストーンのフロアタイルが似合う場面としては、住宅であればあまり生活感を感じさせないスタイリッシュな家具を配置した部屋や、ゴージャスな雰囲気のある応接室、お店であればオシャレなアイテムを扱うファッション販売店などを例として挙げることができます。

フロアタイルの耐水性について

フロアタイルの耐水性について フロアタイルとは、塩化ビニル素材で作られた床材です。
塩化ビニルは耐水性に優れるのに加え、熱や紫外線、一部を除く薬品などにも高い耐久性を持ちます。
表面が傷つきにくいので、雨の日に土足でフロアタイルの上を歩いても、簡単なお手入れで元通り状態に戻すことができます。
フロアタイルは耐久性があるだけでなく、表面加工が容易で木目や石目など、高級素材をリアルな質感で再現することが可能です。
フローリングと比べても安価な素材なので、フローリング柄や大理石柄など、コストを抑えながら手軽に高級感を出すことができます。
店舗や事務所などで用いられることが多いですが、一般住宅でも水回りなどに利用可能です。
サイズは様々ですが、一般的に長方形や正方形のパネル上で、組み合わせながら床に張り付けていきます。
表面は硬く傷つきにくいものの、パネル自体は折り曲げられるほど柔らかく、施工も容易です。
きちんとした手順で行えば、専門業者に依頼せずとも自分で施工することができます。